sasuke 鍛え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

SASUKEに向けた鍛え方の違いについてまとめました。

普通の鍛え方とSASUKEのための鍛え方ってどんな違いがあると思いますか?
普通、自宅のトレーニングの場合、腕立て、腹筋くらいしか出てきませんよね?

 

 

それではSASUKE覇者のような本物の筋肉ってつかないようなんです。

 

その理由とは!?そしてどんな鍛え方をすればSASUKEで勝ち抜けるのか?まとめてみました。
あなたの筋トレもここで紹介する鍛え方にすればSASUKEで通用する!?かもしれません。

 

完全初心者向けのSASUKE攻略法として(入り口として)読み進めていって下さい。

 

  • 肉体づくりの基本
  • SASUKEに必要な筋肉は腕にあり!?
  • 細マッチョはSASUKEに向いている?

 

肉体づくりの基本

 

 

まず、SASUKEに限らず、すべての肉体づくりの考えたを紹介していきます。
筋肉を鍛えるというのは筋トレをして筋細胞を壊していくことにあります。

 

それが超回復といって治る時にふと目の筋細胞として生まれ変わるのです。
それが体を鍛えるということ。ここではSASUKEに合わせた筋トレをすることが
理想的な鍛え方となるわけです。

 

 

筋トレをして超回復、筋トレをして超回復、筋トレをして・・・・
とずっと繰り返して理想的な体を作るためには根気強いメンタルも必要となるのです。

 

ではSASUKEを目的としたものと普通の鍛え方の違いとは何でしょうか?
そこがここでのポイントとなります。普通の筋トレは初め、
大きな筋肉だけを鍛えていきます。

 

 

「腹筋、背筋、肩の筋肉、首の筋肉」。

 

ライザップなどもそうですよね。その方が早く体脂肪も落とせるから。
そして見た目の変化も早いから。
しかし、SASUKEを目的とした場合、それでは間違っていることがあるのです。

 

SASUKEの目的はステージのクリアにあります。
見た目の筋肉をつけることではないのです。
目的が違うから鍛え方も当然変わってくるのです。

 

SASUKEに必要な筋肉は腕にあり!?

 

 

SASUKEで最も必要とするのは腕の筋肉と、握力です。
見た目にはそれほど変わらないように見えますが、SASUKE覇者の鍛え方はまさにそのもので、
見た目よりもしなやかさや強さを持っている「インナーマッスル」も鍛えていることにあります。

 

 

そのため、自分の体重を支え続けることができるのです。

 

懸垂の回数やぶら下がっている時間を競う競技があったとしたら、
あなたもボディビルダーに勝てると思いませんか?
自分の体重に対して、腕の筋肉がそれほどついているか?
がSASUKEには必要なのです。

 

もちろんそれだけではありませんが、そこをメインに考えることで鍛え方の方向性が見えてきます。
だから結果が出るのです。
SASUKE攻略として考えた場合、腕の鍛え方で間違っているのは腕立てだけをすることですね。

 

初心者がよく間違える2つのポイントについて考えてみましょう。

 

 

・鍛える部位は上腕二頭筋

 

腕立てで鍛えられるのは上腕三頭筋です。
見た目にはよく見えてきますが、体を支える筋肉、懸垂などの筋肉、
内側に引っ張る筋肉は鍛えられません。
SASUKEでは自分の体重を腕や握力で支えて、ぶら下がって進めるステージが数多くあります。
その点で必要なのは上腕二頭筋なのです。正直に言いますね。

 

「懸垂をしましょう」これがSASUKEのための最低限の鍛え方です。

 

 

・負荷を上げ続ける

 

筋トレのメインは負荷を上げ続けることにあります。
筋肉が大きくなれば当然、懸垂も簡単になってきますよね。
負荷を上げ続けて、いつも同じくらいの負荷がかかっている筋トレにしなくてはならないのです。

 

「同じことを1ヶ月も続けていつから楽になってきたぜ!」
こうなっていたら筋トレの意味がなくなっていると思ってください。

 

細マッチョはSASUKEに向いている?

 

 

細マッチョ、という言葉はあまり好きではなくなってきました。最近です。
ジャニーズ系の名前は出しませんが、上半身の裸を見ていて、
「細マッチョ!」と書かれているんですね。

 

で、実際にそれを見てみるととても細マッチョではなく、体脂肪がないだけ。
そりゃ、食べなければ体脂肪は落ちますよね。
よく我慢してダイエットができたなと。・・・それだけなんです。

 

 

本当の意味の細マッチョってSASUKEに出場している人だと思っています
(全員ではありませんが)。

 

そこまで考えて、あなたは細マッチョですか?ってことです。
ここではSASUKEのための鍛え方について考えています。

 

細マッチョってSASUKEに向いていると思うんですね。
それは本当の意味で鍛えている細マッチョの場合。
インナーマッスルを鍛えて体を支える筋肉がしっかりできていて、
体脂肪を徹底して絞った細マッチョが
SASUKE覇者の漆原さんだと思っているのは僕だけでしょうか?

 

それとも、細マッチョの定義が厳しすぎる?

 

あなたはどこからスタート?

 健康的に太る専門サイトへ移動します

 

 13キロ痩せるサイトへ移動します



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

漆原裕治さんの筋トレの方法!
漆原裕治さんはトレーニングを習慣にすることに成功しました。そのため、毎日平然と出来るのでしょう。どのような精神力をもっているのか、知れば知るほどうらやましくなります。
漆原さんのトレーニングプランをイメージする
漆原さんのような肉体を作るためにはどのようなトレーニングをすればいいのでしょうか?普段、漆原さんがしているトレーニングの感想から伝わってくるものが大きくあります。
SASUKE制覇するためのトレーニング方法まとめ
SASUKEを制覇する人のトレーニング方法をまとめてみました。SASUKEのためのインに雨とは?!そしてどこを重点的に行っているものでしょうか?
SASUKE筋トレと普通の筋トレの違い
SASUKE筋トレの具体的な内容について言及をしていきます。SASUKEのための筋トレって実は少し違いがあるようです。あなたはこんなことを意識して筋トレをしたことがありましたか?