SASUKE トレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

SASUKEトレーニングのポイント!

僕が参考にしてきたのはSASUKE制覇をした漆原さんのトレーニング方法です。
様々なインタビューを見て、漆原さんのSASUKEに対する意気込みや考え方、
そしてトレーニングのコツなどをまとめました。

 

以下のようなポイントに分けて3つ紹介します。
あなたの考え方とどれほど違ったものでしょうか?

 

  • SASUKEトレーニングって何をする?
  • SASUKEを完全制覇するためのトレーニングとは!?
  • 自宅でできるsasukeトレーニング基礎編

 

SASUKEトレーニングって何をする?

 

 

ま好きになるところは、SASUKEのトレーニングはどこを重点的に行っているかということでしょう。
SASUKEの各ステージを見ていくと、ほとんどすべてが自重トレーニングでできています。

 

腕の力だけでロープッ渡るもの、ハンギングで川を渡るもの、
時には丸太にしがみついて一緒に回っていくものまで・・・。
そうした考えからトレーニングには二面性を持たせる必要があります。

 

 

腕の筋肉が中心

 

ほとんどすべてが腕で支える競技のため、SASUKE制覇のためには
腕のトレーニングは欠かせません。
基本的には自重のトレーニングで腕を鍛えることになります。

 

また下半身などのトレーニングはSASUKEに関してならばおまけでしかないのです。
バランスよくすべての筋肉を鍛えるために必要な分だけ、
下半身も鍛えているということになります。

 

SASUKEの出場者を見てみてください。
きっと、ボディビルダーのようなゴリマッチョは少ないと感じるのではないでしょうか?
その理由はここにあるようです。

 

 

体重は絞ったほうが良い

 

SASUKE制覇のために絶対に必要なことはもう一つあります。
それは体重自体は絞ったほうがいいということです。
単純に考えてみましょう。

 

 

SASUKEで求められるのは美しい筋肉ではなく、持続性のある筋肉です。

 

太い腕になって懸垂が10回できるよりも、多少細くても
懸垂が20回できる方が有利なのです。

 

その意味では、いらない体重は絞った方がいいでしょう。
徹底的に絞って持続性を高めるようなトレーニングが必要です。
この二つを意識してSASUKEのトレーニングを組み立てていきましょう。

 

SASUKEを完全制覇するためのトレーニングとは!?

 

 

聞いたところによるとSASUKE制覇者の漆原さんは
毎日のトレーニングをストイックにこなしていることが伺えます。
何かをするまえに「このトレーニングだけはしておこう」
と言ったものを習慣化して取り入れているのです。

 

 

それは毎日のことになるでしょう。実はそれがいいのです。

 

持続性のある筋肉って毎日の小さな積み重ねからしか生まれません。
それは体の内側のインナーマッスルを鍛えることにつながるため、
漆原さんは無意識にSASUKEのためのトレーニングを作り上げていたのです。

 

見た目よりも内側が強い筋肉。そして食事管理で徹底して体を絞ること。
これは並大抵の努力ではやりきれませんよね。

 

それではSASUKEのための具体的なトレーニングとは?
ということだけに焦点を当てて考えてみましょう。

 

 

ストレートに言うと「上腕二頭筋を徹底的に鍛えること」です。

 

腕立てでは体を押すための筋肉ですよね。
これは時には必要ですが、SASUKE制覇のためにはそれほど重要ではありません
(最後のステージは必要ですが、それくらいでしょう?)。

 

SASUKEのためのトレーニングとしてはこのように考えてみて下さい。
上腕二頭筋「だけ」を鍛えることの集中。

 

そのサポートのために他の筋肉も鍛えていく。
シンプルに言うとたったこれだけです。
そこだけに焦点を当てて徹底的にトレーニングをしていきましょう。

 

自宅でできるsasukeトレーニング基礎編

 

 

最後に自宅でできるトレーニングについて考えていきます。
雨の日や外出ができない事情があるときにはどうしても自宅でできるものが必要です。
そして上腕二頭筋だけはSASUKEのためには毎日のトレーニングが欲しいのです。

 

これには考え方が2種類あります。
一つは懸垂のために器具を購入することです。
価格自体はたいしたものではないので(8000円くらい)買えないことはありませんが、
SASUKEのためだけに場所をとりすぎるもの・・・・。と考えるでしょうか?

 

 

最終的には懸垂のための器具は必要になりますが、
初心者の場合には別なトレーニング方法があります。

 

少しダサく見えてしまいますが、テーブルを使ったトレーニングです。

 

テーブルの下にしゃがみ込めば、負荷の軽い懸垂になるのです。
これ、別な意味でもメリットになりますよね。
SASUKEのためには長時間でも耐えられる耐久力のある筋肉が必要です。

 

 

そのためには時間をかけたトレーニングしかないのです。
できることからコツコツと。
毎日のトレーニングがSASUKE制覇のためには必要なことのようです。

あなたはどこからスタート?

 健康的に太る専門サイトへ移動します

 

 13キロ痩せるサイトへ移動します



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

漆原裕治さんの筋トレの方法!
漆原裕治さんはトレーニングを習慣にすることに成功しました。そのため、毎日平然と出来るのでしょう。どのような精神力をもっているのか、知れば知るほどうらやましくなります。
漆原さんのトレーニングプランをイメージする
漆原さんのような肉体を作るためにはどのようなトレーニングをすればいいのでしょうか?普段、漆原さんがしているトレーニングの感想から伝わってくるものが大きくあります。
SASUKE筋トレと普通の筋トレの違い
SASUKE筋トレの具体的な内容について言及をしていきます。SASUKEのための筋トレって実は少し違いがあるようです。あなたはこんなことを意識して筋トレをしたことがありましたか?
sasuke覇者に学ぶ体の鍛え方
SASUKE覇者の漆原さんが有名ですが、その方の記事を読んだことに影響されて鍛え方を考えてみました。SASUKE覇者から僕が学んだ鍛え方とはどこまで通用するのでしょうか?いずれはSASUKEに出てみたいなぁ