肉体改造 低酸素性筋力トレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

低酸素性筋力トレーニングって何?


普段のトレーニングにちょっと手間を加えるだけで効率がグンとあがるんです。

 

例えば30分の必死にトレーニングが15分で済むとしたら・・・。

 

無駄なことはしたくないですよね。
簡単にできることならば楽して肉体改造をしたいですよね?

 

低酸素性筋力トレーニングは部位によっては劇的な効果を上げることが出来ます。
平行して行う価値は十分にあるでしょう。

あなたはどこからスタート?

 

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

肉体改造が加速する低酸素性筋力トレーニング記事一覧

別名を加圧トレーニングと云って近年では強力な方法として確立されてきたトレーニング方法です。優しい運動で、短時間に筋力アップが出来る方法です。理屈としては極限の筋力状態を筋肉で再現すればいいという方法です。負荷のキツいトレーニングをしなくても同じだけの効果が出ますが、器具などの調整は大変そうです。理想はジムに行って指導を受けながら器具を使用していくことです。ワークアウトと食事の計画だけでも十分なのに...

では、具体的に低酸素性筋力トレーニングの方法はどうやれば良いと思いますか?一言で云えるまとめは「普段のワークアウトと全く変わらない」ということです。筋力を低酸素性にする仕組みさえ出来上がっていれば、あとはその部位を鍛えれば良いだけです。低酸素性筋力トレーニングのためには少なくともどの部位を鍛える筋力トレーニングかを知っておく必要が合ったのです。あなたは今、どこを鍛えていますか?低酸素性筋力トレーニ...

肉体改造をする前にちょっと気になったことがあるんです。僕は元々筋肉の形が良いと思っていました。太ってぽっちゃりしてきても、脂肪さえ絞ればきれいな三角筋が出てきていたのです。もしかすると、遺伝と云う段階で筋肉が付き易い体の人と、そうでない人がいるのではないか?こう考えてきたのです。その問題に関しても低酸素性筋力トレーニングは役に立つことが分かってきました。遺伝子の問題はどのように解決できるかもし、遺...

これまでにも低酸素性筋力トレーニングに付いては色々と考えてきました。このトレーニングの利点は短時間で、軽度のトレーニングでも筋力を付けることが出来ると云うこと。逆にデメリットは圧迫帯を使いこなせなければならないこと対応できるワークスアウトを把握していなければならないこと予定を立てて計画を作るのに専門知識がいることなどがあがります。それさえ出来ると持久力までも上げることが出来る理想のトレーニングと云...

正確なことが最も重要だと考えられる低酸素性筋力トレーニングは、器具に付いても細かな数値が決められています。もちろん、時間・負荷なども調整の仕方が決まっているため、慣れるまでは手間や物足りなさも感じてくるでしょう。自分でちょっとだけやってみた感想では「なんかちがうなかぁ」と常に考えてしまっていました。疑問は肉体改造の妨げとなります。だから、今のところやろうと云う気持ちになれないのでしょうか?やり方だ...

スポーツを始めたばかりの頃って、そのスポーツをするための筋力が付いていません。そのため、早くトレーニングをして思った通りの動きが出来るように考えますよね?僕はスポーツはまじめにやったことが無いので興味は無いんですが、低酸素性筋力トレーニングは効果的だと考えられます。バスケをするときは下半身の瞬発力・水泳のときには腕の掻く力など早く鍛えたいならば、都合がいいのです。実は低酸素性筋力トレーニングは実践...

手軽にできる低酸素筋力トレーニングですが、僕は向いていないため否定的です。だから、欠点は余計に見えてくるんですよね。今の方針は「確信が持てる出来る計画を立てると、肉体改造は成功する」と思っています。効率よく、簡単に肉体改造をするためには繊細なこのトレーニングは向かないんです。それに継続できれば何をやっても筋肉は付く、と分かってきました。小手先のテクニックは疑問を生むだけなんです。もちろん、条件が揃...

低酸素筋力トレーニングを僕がしない理由をあげていきます。効果があることは分かっているんです。魅力もあります。でも器具を使用しないと行けないんです。アクティブな競技では使いにくい。管理が大変。腕か脚だけに限られている。圧迫帯を付けていると気になる。などデメリットもあるんですね。結果、今のところはやらなくて良いかと思っています。もし、やるとしたらジムに通って、トレーナーについてもらって、ダンベルしか使...

加圧トレーニングに付いて、どんな応用が出来るのかを考えて見ました。なぜかと云うと加圧トレーニングだけは一人でやるには難しい。少なくとも始めにどれぐらいの圧力をかけるのか、どれぐらいの運動が適切かを調べなくては行けないんです。それだけ手間をかけるんですから、ダンベル運動だけにしか使えないのではもったいない!って思うんです。僕が考えるにそれよりも、継続できる計画表を作ることの方が重要だと思っているんで...